どうもです!uhyauです。

 

当サイトが

Apple Music(アップル ミュージック)

Spotify(スポティファイ)

を使い始めて、はや1週間位!

 

色々気づいた違いについて

お伝えしたいと思います。

 

アーティストのラインナップについて

 

アップルミュージックとスポティファイの

アーティストのラインナップについては

この1週間で、そこまで掘り下げられてはいませんが

互角!ではないでしょうか。

 

大体、パッと思いつくような

有名アーティストはどちらでも聴くことが出来ます。

 

例えばアップルミュージックにて・・・

 

 

次にスポティファイで・・・

 

 

どうでしょう?

どちらのサービスでも押さえるところは

押さえていますね♪

 

本日の昼下がりに

「Strings Of Life」を聴いていたから

この記事を書いている訳ではないです^^

 

クラシックの名曲ですもんね♪

 

 

使いやすさは・・・

 

我が愛機である、iPhoneで使うに限りですが

アップルミュージックのアプリである

「ミュージック」

 

 

スポティファイのアプリである

「Spotify」

 

を比べたところ、

 

軍配は「Spotify」に挙がります。

 

アプリの動きが良いです♪

サクサクです。

 

一方のアップルミュージックは

カクカクとまでは言いませんが

スポティファイよりは下回っている感じです。

 

あと重要な違いは・・・

 

関連アーティストの正確差

 

アップルミュージックもスポティファイも

利用時間を伸ばそうとするため

「関連アーティスト」という表示があります。

 

それはそれで有難い機能なのですが

的はずれな表示をされればウザいだけです。

 

その点、スポティファイは的確で

関連アーティストを辿っていけば

無限に楽しめる気がしました。

 

一方、アップルミュージックでは

テクノを聴いていたら

 

「きゃりーばみゅばみゅ」とか

 

おい!って感じです。

 

次に繋がらず、別のアーティストを

検索し直すところから始めるとかですね。

 

まぁ、以前からiTunesで曲を買う時に

カテゴリでエレクトロニックとか選択したら

TOPに「Aphex Twin」とか出てるし

 

 

なんだかな~って思っていました。

Appleってテクノに興味無いのかな?って。

 

iPod Classicとの親和性について

 

アップルミュージックやスポティファイとかって

オンラインありきです。

 

そりゃ端末にダウンロードして

オフラインでも聴けますけど、iPod Classicには

転送出来ませんね。

 

我が家の車では、

iPod Classicを繋げてシャッフル再生していますが

MP3で保存出来ないとなると車で聴くのは厳しくなります。

 

ドライブしながら聴きたいです。

 

その方法は模索中ですが、

あてが付いてきたので、またシェアしたいと思います。

 

それでは、また!

 

追伸・・・

 

サイダーがおいしい季節に

なってきました。

(私は朝からビールですが・・・)

 

 

それではまたまた^^/